レシートがあれば十分

経費

経費にするのに、レシートのほかに領収書ももらわないといけない、

そう思われる方もいるかもしれませんが、

領収書がないと経費に出来ないというわけではありません。

むしろ、レシートだけで十分です。

証拠として必要な情報

経費にするために最低限必要な情報は、

・金額
・日付
・支払先名(店名など)
・支払いの内容

です。これらが記載してあれば経費として十分な証拠になります。

そして現在であればほとんどの場合、レシートはその条件を満たしています。

証拠はレシートで十分

レシートには、経費の証拠として十分な情報が記載されています。

むしろ内容に関しては、領収書よりもレシートの方がより細かく記載されているのでわかりやすいです。

領収書は、ぱっと見内容がわからない場合も多いですし。

それに、領収書をもらうという行為も意外と手間がかかります。

領収書がいるかいらないか、宛名はどうするか、

毎回お店側とやり取りするのも面倒ですし時間がかかります。

領収書をもらった方がいい場合

ほとんどの場合、レシートがあれば十分ですが、

次のような場合は、領収書をもらっておきましょう。

・レシートをもらえない
・レシートに記載されてる情報が不足している
・社内ルールとして領収書をもらうのが必須
・割り勘など記載金額よりも支払った金額が少ないとき(払ってない分まで経費に入れたら脱税です)

領収書がなかったり貰い忘れたりした場合は、別途手元に記録を残しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました